2018年8月10日金曜日

第95号

●更新スケジュール(2018年8月24日)

*発売中!*
冊子「俳句新空間」No.9 
特集:金子兜太追悼
   平成雪月花句集
*購入は邑書林まで

第4回攝津幸彦記念賞発表! 》詳細
※※※「豈」60号・「俳句新空間」No.8に速報掲載※※※

各賞発表プレスリリース
豈60号 第4回攝津幸彦記念賞発表 購入は邑書林まで




【雑誌『兜太 TOTA』創刊・イヴェント開催のお知らせ】
※金子兜太関連書籍・雑誌案内



平成三十年 俳句帖毎金00:00更新予定) 
》読む

平成三十年 花鳥篇

第八(8/10)青木百舌鳥・井口時男・花尻万博・小野裕三・飯田冬眞・佐藤りえ・筑紫磐井
第七(8/3)加藤知子・西村麒麟・水岩 瞳・ふけとしこ・中村猛虎・仲寒蟬
第六(7/27)岬光世・依光正樹・依光陽子・近江文代
第五(7/20)前北かおる・望月士郎・林雅樹・下坂速穂
第四(7/13)岸本尚毅・渡邊美保・神谷 波・木村オサム・堀本吟・内村恭子
第三(7/6)坂間恒子・網野月を・渕上信子・田中葉月・山本敏倖・原雅子
第二(6/29)椿屋実梛・夏木久・杉山久子・小沢麻結
第一(6/22)仙田洋子・辻村麻乃・松下カロ・曾根 毅



【新連載・黄土眠兎特集】
眠兎第1句集『御意』を読みたい
1 『御意』傍らの異界   大井さち子  》読む
2 つくることの愉しみ   樫本由貴  》読む
3 相克する作句姿勢~黄土眠兎第一句集『御意』~   川原風人  》読む
4 黄土眠兎はサムライである。   叶 裕  》読む
5 生活者の目線   天宮風牙  》読む
6 御意てっ!   仲田陽子  》読む
7 重なる日常と不思議   本多伸也  》読む
8 私の声が言葉の声であること   曾根 毅  》読む
9 北京ダックまでは前菜花氷   森本直樹  》読む
10 出会うべくして――『御意』を詞書から探る   岡村知昭  》読む
11 案外な  黄土眠兎句集『御意』を読む   久留島 元  》読む


【新連載・西村麒麟特集2】
麒麟第2句集『鴨』を読みたい
0.序に変えて   筑紫磐井  》読む
1.置いてけぼりの人  野住朋可  》読む
2.ささやかさ  岡田一実  》読む
3.乗れない流れへの強烈な関心  中西亮太  》読む
4.ある日の麒麟さん句会  服部さやか  》読む
5.千年宇宙のパースペクティブ  佐藤りえ  》読む
6.鴨評   安里琉太  》読む
7.水熱く――西村麒麟『鴨』の一句   堀下翔  》読む
8.私信 麒麟さんへ   藤井あかり  》読む


【新連載】
前衛から見た子規の覚書  筑紫磐井 
(1)子規の死   》読む
(2)子規言行録・いかに子規は子規となったか①   》読む
(3)いかに子規は子規となったか②   》読む
(4)いかに子規は子規となったか③   》読む
(5)いかに子規は子規となったか④   》読む
(6)いかに子規は子規となったか⑤   》読む
(7)いかに子規は子規となったか⑥   》読む
(8)いかに子規は子規となったか⑦   》読む
(9)俳句は三流文学である   》読む
(10)朝日新聞は害毒である   》読む
(11)東大は早稲田に勝てない   》読む
(12)子規別伝1・子規最大のライバルは落合直文   》読む
(13)子規別伝2・直文=赤報隊・東大古典講習科という抵抗   》読む
(14)(9-2)俳句は三流文学である――続編   》読む
(15)子規別伝3・新体詩の創始者落合直文   》読む
(16)子規別伝4・明治書院・大倉書店と落合直文   》読む





「現代」と言うこと――水原秋桜子展に寄せて  筑紫磐井  》読む


季重なりについて     筑紫磐井   》読む




【夏休み特別企画】
  文庫・新書で読む俳句  ※作品集以外の俳句関連書籍  》読む


  文庫で読める俳句集  ※作品集   》読む




【—俳句空間—豈weeklyアーカイブ】
■第0号(創刊準備号)●俳句など誰も読んではいない・・・高山れおな  》読む

■第0号(創刊準備号)●アジリティとエラボレーション・・・中村安伸  》読む




【抜粋】
〈「俳句四季」8月号 
俳壇観測187/速報!朝日俳壇新選者高山れおな――最年少俳壇選者から見る新しい俳句
筑紫磐井 》読む


  • 「俳誌要覧2016」「俳句四季」 の抜粋記事  》見てみる




<WEP俳句通信>




およそ日刊俳句空間  》読む
    …(今までの執筆者)竹岡一郎・青山茂根・今泉礼奈・佐藤りえ・依光陽子・黒岩徳将・仮屋賢一・北川美美・大塚凱・宮﨑莉々香・柳本々々・渡邉美保 … 
    • 8月の執筆者 (柳本々々・渡邉美保) 

      俳句空間」を読む  》読む   
      …(主な執筆者)小野裕三・もてきまり・大塚凱・網野月を・前北かおる・東影喜子
       好評‼大井恒行の日々彼是  》読む 




      雑誌『兜太 TOTA』第1号
      〈特集〉金子兜太とは何者か
      2018年9月創刊

      編集長 筑紫磐井
      編集委員 井口時男・伊東乾・坂本宮尾・中嶋鬼谷・橋本榮治・横澤放川・黒田杏子(編集主幹)
      〈第1号 寄稿予定者〉
      井口時男/池内紀/伊東乾/加賀美幸子/金子兜太/金子眞土/ドナルド・キーン/窪島誠一郎/黒田杏子/坂本宮尾/佐佐木幸綱/澤地久枝/下重暁子/瀬戸内寂聴/高山れおな/筑紫磐井/中嶋鬼谷/夏井いつき/橋本榮治/長谷川櫂/藤原作弥/アビゲール・フリードマン/星野恒彦/マブソン青眼/宮坂静生/宮崎斗士/横澤放川
      (五十音順・敬称略)



      —筑紫磐井最新編著—
      虚子は戦後俳句をどう読んだか
      埋もれていた「玉藻」研究座談会
      深夜叢書社刊
      ISBN 978-4-88032-447-0
      ¥2700
      アマゾン紀伊國屋ウェブストア他発売中


      *発売中*
      冊子「俳句新空間」No.8 
      特集:世界名勝俳句選集
      購入は邑書林まで