2014年6月20日金曜日

 【小津夜景作品No.28】   雨の思ひ出 小津夜景


(デザイン/レイアウト:小津夜景)

             雨の思ひ出    小津夜景
 
 昨夜、友人のダンスを見た。
 この季節になると、この友人はモナコの大聖堂でダンスを踊る。私はそれを、別のモナコ系の友人と連れ出つて、毎年のこのこ見にゆくのである。
 クルマを降りると、夜のモナコは煙のやうな小雨だつた。開演まで少し時間があつたので、私たちは城の広場で待つことにした。
 人の気配がない。見回してみると、観光客が数組。私たちは丁度高台になつてゐる広場の端から、町と海を眺めた。
「なんだかさみしいね」
「うん」
「雨のモナコつて、いつもこんな感じ?」
「さうだね。特に夜は」
 一緒に来た友人はさう答へながら、向かうの谷や、すぐ真下の住宅街を指差して、うちの家族はあの谷に十四世紀から住んでるんだよ、とか、あ、あそこ私の生まれた病院だ、とか教へてくれる。
「へえ。さういへば、シャルレーヌ妃がご懐妊だよね? モナコの人たち、喜んでるんぢやない?」
 私がこんな世間話を口にすると、友人は少し思案するやうな顔つきになり、
「んん」
と唸つた。一般に、モナコ人の王室に対する心情は、さう単純ではないもののやうである。私はその事を思ひ出し、すぐこの話を引つ込めた。
 もうすぐダンスの開演時間だ。私たちは大聖堂へ移動することにする。歩き出すとき、友人が、言つた。
「みんな、グレース・ケリーのこと、ずつと忘れてないんだよ。彼女がお嫁に来る前の晩も、とても静かで寂しい雨が降つてゐた。雨の広場にくると、わたし、今でもその夜の事を思ひ出すんだ」



とんだ雨なり婚礼の羅を穿ち

夏雲を追ひたて盲目の姉妹

睡蓮のねぐらよ壺をかくまふは

茂り男が庭に掻きつづける楽碑

空虚五度鳴りわうごんの祭かな

リュートただよへり水母の日記のごと

没年はありや幾多の箱庭に

まくなぎはけむりと返しさし枕ける

果てしなき流れの果てのまくはうり

ゆきなさい海星に生まれたのだから





【作者略歴】
  • 小津夜景(おづ・やけい)

     1973生れ。無所属。





0 件のコメント:

コメントを投稿