2014年9月12日金曜日

【小津夜景作品】 No.38




精巧に造られた朝の歌      小津夜景


ことり来と思はず過ぎてよコーヒのむ

空棚に風の吹いたる目のありぬ

残月や陶器の手ずれひんやりと

きのふより少し古風な木に出会ふ

ありしとも思はぬ本屋けふもあり

桃の毛の生えたるやうな白い紙

しづけさの骨ぞひぐらし坂下りて

かしどりの思惟せる袋小路かな

もう夢に逢ふのとおなじだけ涼し 

秋草やオープン・リールの音がする 







【作者略歴】
  • 小津夜景(おづ・やけい)

     1973生れ。無所属。





0 件のコメント:

コメントを投稿